ヒートショックの対策

久々のブログです。

 

先回ヒートショックについて書きました。今度はその続きです。

 

先回はヒートショックの起きる原因まで考えました。続きは対策からです。

 

 

ヒートショック対策

  1. 脱衣所と浴室を温める 脱衣所に暖房器具を設置するのは、急激な寒暖差の解消のためにはとても有効です。またお湯をためる時、お風呂の蓋を、開けてお湯をためると浴室全体が暖まります。シャワーも使うと湯気で浴室が暖まりやすくなります。
  1. 熱いお湯に長湯しない 熱いお湯とは、42度以上のお湯を指します。のぼせてしまった経験のある人は、熱いお湯に長湯し過ぎと思います。お湯の温度は41度以下にし、10分程度で切り上げるようにすると良いでしょう。
  1. 浴槽から出る時にはゆっくりと 入浴中には湯で体に水圧がかかっています。その状態から急に立ち上がると体にかかっていた水圧が無くなり、圧迫されていた血管は一気に拡張し、脳に行く血液が減り、脳は貧血状態になり一過性の意識障害を起こすことがあります。ですから、浴槽から出る時には、まず胸まで上がり、立ち膝になって落ち着いてから出るようにしましょう。                         

 

家族に一声かけてから入浴するも大切です。もし不幸にして入浴時に何かトラブルがあった場合、即座に発見されることはその後のためにもとても大切です。同居している家族がるいる方は、ぜひ一声かけてからの入浴するようにしましょう。

 

 

入る前と後にコップ一杯の水を飲むことも忘れないようにしましょう。

 

 

とても気持ちいいお風呂ですが、気を付けることが結構あります。

今日も注意しながら一日の汗を流すようにしましょう。

 

ヒートショックに注意!  血圧と入浴の関係

今夜はヒートショックについて考えましょう。

 

注意!冬の入浴。

 

皆さんにお聞きします。脱衣所は居間と比べて温度差はありますか?

 

 

 

寒い日に欠かせないのが入浴。お風呂で暖まりたいですね。しかし、冬の入浴は、気温の高い夏に比べて用心しなくてはなりません。

 

温度の急激な変化にさらされた時、体のなかでは急な血圧の変化が起きます。それが、ヒートショックです。

 

 

 

 

ヒートショックが起きる理由

 

血圧は、気温にとても左右されます。気温が低くなると血管が収縮し血圧は上がり、反対に暑くなると、血管が広がり下がります。

     

特に寒い冬の入浴は、血圧が急に上がったり下がったりするので要注意。

 

 

 

日本の多くの家庭では、風呂場や脱衣所は、他の部屋に比べて空調設備が手薄なことが多く、また衣服を脱ぐことで肌を露出するの

 

で、一気に血圧が上がります。  

 

血圧が上がった状態で入浴に移ると、一時的に血圧がさらに急激に上昇します。

 

そして浴槽の中では身体が温められ、次第に血管が広がります。

 

それに伴い、血圧は下がって行きます。

 

このように血圧の乱高下がヒートショックを招くのです。

 

症状として、めまいや立ちくらみを引き起こす起立性低血圧や、最悪の場合血圧が下がり過ぎて失神する場合もあります。

 

ひどい場合は、心筋梗塞や脳梗塞になる場合もあります。

                

  

次回はどうすればヒートショック対策が出来るのか考えたいと思います。

 

では、今夜もぐっすり眠って明日に備えましょう。では、おやすみなさいませ。

手の痺れについて

こんばんは!

 

久しぶりのブログです。

 

皆さん元気していましたか。

 

今年は非常に寒い1月2月でした。

 

さて、よく手がしびれる。という方がおられます。

 

痺れにはいろいろとあり、一概にこれが原因と決めつけることが出来ません。

 

皆さん。リュックサック症候群をご存知でしょうか。

 

手の痺れの中には、重い荷物を背負うことが引き金となって痺れという症状が出でくるケースがあります。

 

リュックサックを背負うことで、ベルトが肩にあたって周辺の筋肉を圧迫したり、過度に緊張状態が長く続いてしまうことによって

 

痺れを感じたりします。この状態をリュックサック症候群と呼ばれています。

 

このような場合は、荷物を軽くするとか、マッサージなどして筋肉の緩和をすると良いと言われています。

 

どうぞ、今日もぐっすり寝て、明日も一日頑張りましょう。  それではおやすみなさいませ。

笑いの健康の続き

笑い健康法の続きです。

「笑い」でNK細胞が活性化します。結果健康になるというわけです。

 

聖書には「笑いが病を治す」と記されています。

ですから、笑うと痛みが軽減することは古くから経験的に知られているのです。

 

また、近年このことについての報告も数多く出ています。

リウマチ患者と「笑い」の関係についての調査があります。

リウマチ患者の集団に40分間リウマチに関する講義を聞いてもらった後と、同じ集団に40分間落語を聞いてもらった後で、それぞれ唾液検査を行ったところ、前者は、免疫を制御するストレスホルモンの増加が見られました。

しかし、後者の落語を聞いてもらったほうは、そのホルモンが減少し、減少量は鎮痛剤の1週間分に相当したことが分かったという報告があります。

 

さらに、「がんと笑い」についての研究も進んでいます。

笑うことでNK細胞が活性化し、進行の遅延や痛みが軽減することが報告されています。

 

笑いの効果すごいですね。

「笑い」の他の効果も書いておきたいと思います。

 

1日100回笑うと15分間のエアロバイク(室内自転車)をしたのと同等の運動効果があることが分かっています。

実際1日100回笑うことは難しいですが、なんでもいいのて、声を出して笑顔を作くる生活をしてみましょう。

 

「微笑み」や「笑顔」は脳をリラックスさせます。

意識的に声を出して笑うほうが脳だけでなく全身に与える運動効果が高いといえるのです。

心からの「笑い」でなくても、つまり作り笑いでも、心と身体に与える影響には大差ないことも分かっています。

それは、笑いながらとスキップなど軽い運動をすると、たとえ気持ちが沈んでいても、スキップは嬉しい時にするものと体が記憶しているため、体に良い影響を与えるのです。
 

つまり「笑い」は、ストレスを解消します。

生活習慣病を予防します。

病気を遠ざけます。

そうです。笑いはどんな薬より「良薬」なんです。

 

では、今夜も良いことだけを考えて眠りにつきましょう。 

寝ながら大笑いするのもいいかもしれませんね。

おすみなさい。

笑いの健康法

皆さん毎日笑っていますか?  

今人気の芸人「みやぞん」のインタビューを見ました。

いつも笑顔ですが、何か秘訣は?  と聞かれた「みやぞん」は3秒後の将来のことを考えているそうです。

すぐに3秒が来てしまうので、いつも「笑顔」になってしまうと言っていました。

 

「笑い」 とは 

 

これは健康に繋がるキーワードです。

このシリーズは2回に分けてお届けします。

 

米国で行われた調査では、大人は1日に平均17回笑うと報告されています。

ほとんどの動物も笑顔らしきものを作ることができますが、猿以外、笑い声を発することができないようです。

ですから笑うことは、脳にとって非常に高度な作業であるといえます。

 

赤ちゃんをあやす時は、笑顔で接したり、褒めたりしないと、笑わない子どもに育ってしまうようです。

赤ちゃんは大人に笑顔を褒められることで、笑顔と「笑い」を学習して育っていくのです。

しかし、年齢とともにストレスで増し 笑いが減少するという様々なデータが報告されています。

ある調査報告によると、小学生は1日に平均300回笑うが、70代では1日に2回程度しか笑わないと報告されています。

 

なぜ年齢を重ねるにつれて笑わなくなるのでしょうか。

 

これは、ストレス説が有力のようですが、よくよく考えるなら人生で最もストレスが多いのが30代、40代だと言われています。

それなのに60代、70代のほうが「笑い」の回数が少ないということは、ストレス以外の要因も大きいのではないかとの見方もあります。

つまり、脳機能が「笑い」と密接に関係しているのではないか、ということです。

「笑いの頻度と1年後の認知機能との関連」について調査した文献には「ほぼ毎日笑う人」と「ほとんど笑わない人」では、後者のほうが1年後の認知機能の低下が大きいという調査結果が出ています。

 

さて、今日はここまで。

みなさんいかがですか。

「おかしいこと」なんてあまりないこの頃ですが、「ハ ハ ハ」と声をださなくても、「笑顔」や「作り笑い」でいるだけで大きな効果があります。

 

では、今夜も「良いことだけを考えて」眠りにつくことにしましょう。 少し早いですがおやすみなさい。

 

 

注意が必要 ! 電気敷毛布

今日は電気敷毛布のお話です。

 

今日、背中が寒いので電気敷毛布を最強で朝まで寝ているという方が来院しました。

 

この頃の寒さでは、何か熱源がないとお布団に入るのが嫌ですね。

 

電気敷毛布はすぐに温まり手っ取り早いですが、これは寝入るときにこそ有効なもので、一晩中強くしたままで使用すると危険が伴うのです。せっかく良い物なのに使い方が悪いと体を痛めてしまうのです。

 

なぜ体を痛めてしまうのでしょうか?

 

まず代表的なのは、人工的に体を暖め続ける事で、体温調節機能が混乱をきたすという事です。人の体は眠っている間には自然に体温が下がります。

 

起きている時と同じくらいの体温のままだと疲れが取れないためです。ですから体の体温調節機能が働いて、下げようとするからです。

 

しかし、強刺激で電気毛布を使ったままだとこの調節機能が万全に働かないため心拍数も下がらず、就寝しているのに疲れが取れないということに繋がります。

 

もうひとつの理由は、身体が温かくなり過ぎる点にあるのです。

 

体温が一晩中下がりませんので、悪いときには脱水症状を引き起こす危険性もあります。

 

そこで、ベッドやお布団に電気毛布をセットしたら、お布団に入る1時間くらい前に電気毛布のスイッチを入れておきます。眠るときはスイッチを切るか、弱にしてからお布団に入ります。

 

こうしておくと、入眠時には身体を暖めてくれ、眠りについた頃には普通の温度に戻っているという、理想的な状態を作り出すことが出来ます。

 

寒い冬の睡眠時の強い味方、電気敷毛布。 

 

便利なグッズですが、健康への影響にも注意しながら使用することが大切です。

 

使い方を間違えないなら、体温調節機能が損なわれたり、脱水症状を引き起こしたりといった危険性を避けることが出来ます。

 

どうぞ今夜もぐっすりとお休みなさい。

夕食の一品にどうぞ

夕食におすすめなのが「サバ缶」です。

 

缶詰であれば、缶を開けるだけで簡単に食べられます。

 

しかもお皿に盛るだけで立派な一品として成立するのです。

 

さらにサバ缶は鯖の栄養がたっぷりと詰まっています。

 

では、サバの栄養をご紹介しましょう。

 

サバに豊富に含まれる栄養に、ミネラルの一種であるセレンが挙げられます。

 

サバに含まれるセレンは、全食品の中でも上位にあたります。

 

セレンはタンパク質と結合することでカラダに吸収されやすくなる性質を持っている栄養です。

 

セレンの特徴は非常に高い抗酸化作用があることで、がん予防やアンチエイジングの効果が期待されています。

 

サバは脂肪酸が豊富で、中でも注目のDHA(ドコサヘキサエン酸)がたっぷり含まれています。

 

DHAは不飽和脂肪酸の一種ですね。悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールを増やす効果があります。

 

DHAは、アルツハイマー病や認知症を予防したり、血液中の中性脂肪を減らしたりする効果もあり、脂質異常症といった

 

生活習慣病の対策にも有効です。

 

イライラや不安を抑える働きがあり、ストレスの緩和やうつ病の予防といった精神面のケアでも効果が認められていま

 

す。

 

DHAは生活習慣病の対策やストレスの緩和、認知症の予防など、現代人にとってはとても重要な栄養です。

 

このようにサバにはすばらしい栄養素が含まれています。

 

でも、良いからと言っても食べ過ぎは禁物です。

 

サバ缶には1缶に約20〜40gの脂肪分が含まれています。

 

脂肪分も摂取が必要な栄養素ですが、全体の栄養バランスを考えて、サバ缶は1日1缶までに抑える事

 

を心がけましょう。

 

サバ缶の定番とも言われる味噌煮は、砂糖が非常に多く含まれている上に高カロリー食材です。

 

水煮缶であっても塩分の摂取が気になるという方もいらっしゃると思います。

 

一日一食、キャベツと一緒に取ることをお勧めします。

 

この時期、キャベツを電子レンジで温めるとより美味しく食べることが出来ます。

 

今夜もどうぞゆっくりおやすみなさい。

要注意

毎日が寒くてつらいです。

しっかり睡眠はとれていますか?  

 

「疲れた〜」が口ぐせの人、要注意!
   体がだるい、朝起きられない、肩がこる・・・こんな不調がアブナイ!
   あなたの不調は鉄分不足から?! まずは症状をチェック


心と体の健康を壊す「鉄分不足」
   日本人女性は深刻な鉄分不足!
   無理なダイエットは要注意
   鉄分の働き1:全身の機能に関わり、健康体をつくる
   鉄分の働き2:脳の正常な働きをコントロールする


検査では問題ないのに、実は貧血状態!?
   女性の60%以上が"隠れ貧血"
   鉄分を貯蓄することが必要不可欠
   貯蔵鉄の量を調べる「血清フェリチン」値こそが重要


とにかくヘム鉄=肉・魚をしっかり食べよう
   タンパク質を一緒にとることが大事

 

なんでも「もりもり」おいしく食べてこの寒さから体を守りましょう。

今日もしっかり水分を取ることをお勧めします。

「首」と名のつくところを冷やさないように。  今日もぐっすりおやすみなさい。

食べること

食べる事が、とても大切だということは、皆さんもご存知だと思います。
 

また、この食べる事の中には、注意しなければならないこともまた、よくご存知だと思います。
 

それはゆっくり噛んで食べるということです。
 

「簡単そうで中々できない」「分かっちゃいるけど、つい忘れちゃう」というのが、このゆっくり噛んで食べるということだと

 

思います。
 

とても早食いの人は、あるポイントを1つ、毎日実践することによってかなり早食いが改善されます。
 

それは、ご飯やおかずを口に含んだとき、必ずお箸やナイフやフォークを一旦、テーブルの上に置くということです。
 

そして、その手を膝の上に置くようにしてください。
 

すると、あら不思議!
 

早食いは1.5倍ぐらい遅くなります。
 

では、皆さんの周りに早食いの人がいたら、ぜひ観察してみてください。
 

その方たちは、お箸を一時も手から放す事なく、ご飯を食べています。
 

ひどい人は、お箸を持ちながらお茶を飲んでいる人もいます。

では、実践しましょう。

 

ご飯やおかずを口に含んだら、お箸をいったん放して膝の上に手を置く。

健康とキレイの基本作りに、食べる事はとても大事ですね。

 

では、今夜もゆっくりぐっすりおやすみなさい。
 

掃除機のかけ方のお話

上手な掃除機の掛け方

 

重労働に思われがちな掃除機掛けですが、コツをつかんで行えばさほど疲れるものではありません。
疲れる大きな原因のひとつが姿勢です。

掃除機掛けを行うときに、腰を曲げていませんか?

背筋をピンと伸ばして片手にノズルを持ってしてみて下さい。正しい姿勢で行えばそんなにきつくはないのです。

また。力をこめてゴシゴシと掛けていませんか?

掃除機は押す時も引くときもゴミや汚れを吸引してくれます。

ノズルが床に平行になるように、力を入れずにゆっくりとノズルを往復してみて下さい。

ゆっくり掛ければ掛けるほどしっかりと吸ってくれるものです。効果的な掃除機掛けをしましょう。

 

では、今夜もぐっすり眠って おやすみなさい!